水虫 薬 ひどくなる

薬で水虫がひどくなる事があるの?

スポンサーリンク

水虫の症状をお持ちの方は当然、この悩みを解決したいという思いが強いと思います。
そして、この症状を改善してくれるものとして利用するのが、「薬」です。
しかし、この水虫薬を使用して、治療を行なっている方の中で、この薬を使用して症状がひどくなると言う方がいらっしゃいます。
今回は、そんな薬の使用による症状の悪化に付いて説明をしたいとおもいます。
薬を使用することで、かゆみがひどくなるという方がいらっしゃいますが、この際に考えられることとして、水虫の患部に傷が或場合が考えられます。
また、皮膚の状態が余りにもひどいという場合もあります。
個人差があるのですが、肌が弱いという方ですと、自分に合わない薬を使用することで、症状が悪化することがあります。
これは、市販薬であれ、処方箋であれ、どちらでもおこりうる症状なので、症状が悪化した場合には医療機関で再度、診察を行うようにしてください。

スポンサーリンク

また、治療を行う上で使用する「ステロイド」こちらは非常に効果の高い薬ではあるのですが、注意をしていただきたいのが、このステロイドというのは、水虫に高い効果をもたらしますが、水虫の原因となっている菌が食べると言うことがあります。
短期間で使用して症状が回復するぶんには問題はないのですが、菌がステロイドを食べることで増殖して更に症状を悪化させることがありますので注意が必要です。
特に肌の症状がひどい場合に、ステロイドで肌の症状を整えるということを行うのが主な治療の始まりになります。
しかしながら、ステロイドは、菌の好物であるため、逆に症状を悪化させる諸刃の剣でもあります。そのため使用は2週間くらいまでとされることが多いです。
そして、症状が治ったと思い、治療をやめてしまうと言う方がいますが、この菌というのは、ひっそりと隠れているため、治療をやめるとまただんだんと増殖をしてきます。
そのため、また症状がぶり返すと言うことがあるので、治療には相当な時間がかかると考えるようにしてください。
また、症状が悪化する原因として、「水虫ではない」と言うことが考えられます。
特に、足がものすごく痒いと感じると、これは水虫だ!と先入観から考えてしまうことがありえます。
皮膚病でも痒みが起こりますが、当然ながら、水虫の薬というのは効果はありません。
そのため、市販薬で対応すると言うよりも、医療機関で確実に水虫なのかどうかの判断を行うようにしてください。

スポンサーリンク