水虫 臭い どんな

水虫の臭いはどんなニオイか

スポンサーリンク

 水虫は、どんな臭いがするのでしょうか。
実は、水虫自身が臭うわけではなく、原因菌となる白癬菌(はくせんきん)という真菌(カビ)には、臭いはありません。
しかし、白癬菌が高い湿度を好むという特性から、水虫の人は足に汗をかきやすい体質や環境であるということが推測されます。
その結果、ほかの常在菌なども繁殖しやすくなりますので、細菌による皮膚の腐敗臭などの臭いが、発せられるようになるというわけです。
水虫による直接的な臭いではなく、細菌臭ということです。
 たくさん汗をかく足の裏は、細菌が繁殖するためのエサが豊富にあります。
また、水虫と戦うために、皮膚からリンパ液などの分泌物が排出されますので、これがさらに細菌の栄養となってしまいます。
身体から出る汗や皮脂、垢や角質、そのほかさまざまな分泌物が、細菌の栄養となります。
また、ぐじゅぐじゅしている高温多湿の状態を、細菌は非常に好みます。
細菌の繁殖とともに、ニオイ物質も生産されていきます。

スポンサーリンク
 

自分の足の臭いは、慣れてわからなくなります。
自分のニオイに鈍感になるというのは、自然な脳の仕組みとなります。
ゆえに、強烈なニオイで周りの人を不快にしていても、本人は意外と気がついていないということも稀な話ではありません。
ニオイを抑えるには、細菌が繁殖しにくい環境を作ればよいということになります。
ゆえに、通気性を良くしたり、薬剤を使用するといった方法が有益となります。
 具体的には、足を乾燥させておくということが重要となりますので、できるだけ素足で過ごすようにします。
ただし、素足で革靴を履くのは、細菌の宝庫となってしまいますのでNGとなります。
仕事などで長時間靴を履いたままということもすくなくありません。
蒸れた状態で長い間放置しておくと、他の菌と混ざり合って、ニオイもきつくなりますので、足の裏の汗を拭きとって、こまめに靴下を履き替えることをおすすめします。
長時間靴を履いて、細菌が増殖した環境で靴を脱ぐと、一気に強烈なニオイが拡散されてしまいますので注意しましょう。

スポンサーリンク