水虫 次亜塩素酸 ナトリウム

水虫撃退に効果のある次亜塩素酸ナトリウムとは

スポンサーリンク

多くの人を悩ませる皮膚トラブルの1つに、水虫があります。
水虫とは、カビの1種である白癬菌が、皮膚の角質層に寄生することで発生する皮膚疾患のことを指します。
白癬菌は、体のあらゆる場所に感染することが分かっていますが、9割近くが足に発症するという特徴を持っています。
症状としては、赤くジュクジュクとした状態の皮膚に変化し、皮が剥げかけたり、皮膚が白くふやけた状態になりブヨブヨになる場合もあります。
このように、不快な症状を引き起こす皮膚疾患は、かつて男性に多い皮膚トラブルと考えられていました。
しかし近年では、女性の患者数が増加しています。
その原因として挙げられるのが、女性の社会進出です。
多くの女性が外で働くようになり、男性同様、長時間靴を履き続ける生活をするようになりました。
そのため、白癬菌の活動に適した環境を作り出し、水虫の症状を訴える人が増加しているのです。
その上、女性の多くが着用しているストッキングには、汗を吸収する能力が弱く、より白癬菌が活用しやすい環境を作り上げていると考えられています。

スポンサーリンク

男性も女性も、沢山の人を悩ましている水虫ですが、次亜塩素酸ナトリウムを使用することで撃退することができます。
次亜塩素酸ナトリウムとは、古くから漂白剤や殺菌剤、消毒薬などをとして利用されてきた成分です。
この次亜塩素酸ナトリウムには、白癬菌の撃退に効果があることが知られており、根本治療に効果があると考えられています。
では次亜塩素酸ナトリウムを使った、治療方法について説明します。
まず、1から2倍に薄めた次亜塩素酸ナトリウムをタライやバケツなどに入れ、足を入れます。
1回およそ30分から1時間が目安と言われています。
これを数日間続けることで、次第に症状が緩和してくるとされています。
効果には個人差があるため、効果が実感できない場合や、症状が悪化する場合には中断し、医療機関で医師に相談することが大切です。
そして、上記の方法で症状が改善された場合であっても、水虫は何度も繰り返し症状が現れることがあるため、日頃から体を清潔に保つことを心掛けることが肝心です。

スポンサーリンク