手の爪 水虫 うつる 原因

手の爪に水虫がうつる原因とは

スポンサーリンク

水虫と言えば足の裏に出来るものだというイメージがありますが、実は手の爪にもうつることがあります。
手の爪は足の裏と違い固いものですが、水虫がうつると手の爪が分厚くなってしまったりボロボロと先の方が崩れるようになってしまったり、手の爪が白くなってしまいます。
かゆみなどを感じる事はありませんが見た目が良くないことと、手の爪は足の裏などの皮膚と違い固くて水分を浸透させない性質があるため一度うつると治療に時間がかかってしまいます。
そのため、なにかおかしいと感じたら早めに病院などで治療をおこなうようにしましょう。
また初期の水虫は手の爪ではなく手に感染することも多いのですがその症状が手湿疹と同じようなもののため、湿疹だと判断してしまうことで水虫が手の爪にまでうつることも多くあります。
市販のハンドクリームなどを使っても水虫を殺菌することはできませんので、まずは病院で自分の手の症状が何なのかを確認しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

水虫が手の爪にうつる原因として考えられるのは、足の水虫がうつるというものです。
水虫の原因菌である白癬菌はジムや温泉、プールなど、不特定多数の人が利用する場所で他の人の落とした角質などから足などに付着します。
その足を触った後に手を洗わずにいることがてにうつる原因になります。
また、自分自身や家族が水虫になっていると、それが何らかの理由で手の爪に付着してしまうと、感染する原因となってしまいます。
さらにお風呂上がりに家族全員が使う足ふきマットなどは白癬菌が繁殖するのに適した湿度を保っています。
その足ふきマットを素手で触れることも手に白癬菌を映してしまう原因となります。
家の中の白癬菌を退治しなければ、原因はいつまでも残っている状態になりますので何度でも感染を繰り返してしまう原因となってしまいます。
そのため、手だけではなく足に感染してしまっている白癬菌も同時に治療をおこなって行くことが重要になります。

スポンサーリンク