水虫 爪切り 消毒 方法

水虫に感染した指の爪切りと消毒の方法について

スポンサーリンク

水虫は白癬菌に感染したことで発症する病気を指し、強いかゆみや皮膚の剥離などが生じる特徴があります。
特に足の裏が水虫に見舞われることが多く、常に靴を履くことで湿気が籠って症状が慢性化する傾向があります。
足の指が水虫に感染すると爪が変形することがありますが、水虫によって変形した爪はそのまま放置すると皮膚に食い込んだりひび割れが生じることがあります。
そのため、こまめに爪切りを行って不具合を解消することが大切です。
爪切りは市販の道具を使うと安全に行うことが出来ますが、その一方で切除した爪の欠片には白癬菌が混在しているので、道具の使い回しを行うと他者に水虫の症状が移ってしまいます。
爪切りを行った際は道具の消毒が不可欠ですが、白癬菌を死滅させるためには正しい方法で消毒を行う必要があります。
また、爪切りに用いる道具の形状によっては隙間に白癬菌が入り込んでしまうので、消毒の効果が低くなる点を注意して効果的な方法で処置を施すことが大切です。

スポンサーリンク

爪切りの道具を消毒する方法は熱湯による加熱や薬剤の使用が一般的です。
特に加熱消毒は誰でも手軽に行うことが出来るのが利点ですが、爪切りの道具の材質によっては変形や破損などの不具合が生じるので慎重に対処します。
また、消毒に用いる薬剤は人体に有害な成分が含まれている物があるので安全を考慮して正しい方法で扱うように心がけます。
小さい子供や高齢者が同居している世帯では安全性を考慮して薬剤の使用を避けるのが賢明な対処法です。
水虫は完治するまで根気強く治療を続ける必要がありますが、伸びる爪の処置は他者への感染を防ぐために衛生管理が整っている環境で行うことが大切です。
爪切りの方法もごみを周囲に飛散させないように気を配る他、爪切りの道具以外にも足や周囲の床などを正しい方法で消毒することで水虫の感染リスクを軽減させることが出来ます。
消毒の方法も使用する薬剤や道具の性質を把握して適切に行うことが効果を長続きさせるための条件です。

スポンサーリンク