水虫 うつらない 方法

水虫がうつらない方法

スポンサーリンク

家族や友達で水虫の人がいると、うつらないか心配になるという人は少なくありません。
水虫の原因となる白癬菌はとても感染力が弱いため、健康な人なら水虫の人に接触してもうつらない可能性の方が高いのですが、手に傷などがあった場合には感染してしまうこともあるので予防方法を知っておいた方が安心です。
水虫にうつらない方法としては、水虫の人と足ふきマットやスリッパを共有しないということがあげられます。
白癬菌がついた皮膚が剥がれ落ちて足ふきマットやスリッパについてしまうため、同じ物を使っているとうつってしまうことがあるからです。
特に湿気がある場所ではうつりやすいので、うつらない為には足に触れるものの共有を避ける事が大切です。
銭湯やサウナなどでうつってしまうこともあるので、不特定多数の人が集まる場所では特に注意しましょう。
白癬菌は触っても24時間以内に取り除けば感染を避けられるので、うつらない方法としてはそういったところに行った時には足を良く洗って乾燥させると良いでしょう。

スポンサーリンク

水虫にうつらない方法として洗濯物を分ける人もいますが、白癬菌は弱い菌なので洗濯物を一緒に洗ってもそこから感染することはありません。
しかし洗う前の洗濯物を素手で触るとうつる可能性があるので、触る時にはゴム手袋をした方が良いでしょう。
通常なら素手で触っても大丈夫ですが、手に傷があった場合にはそこから感染してしまうことがあります。
傷があると白癬菌がついて24時間たっていない場合でも、うつってしまうことがあります。
うつらない方法として一番良いのが接触を避けること、そしてその次に良い方法が手足を殺菌成分が含まれている石鹸などで良く洗うことです。
また掃除をよくすることも水虫を予防するのに大切な方法です。
足の皮膚が剥がれ落ちてあちこちに落ちていると、それが原因でうつる場合があります。
特に爪は踏んでしまうと皮膚に食い込むこともあるので注意が必要です。
水虫の人は家族にうつさないために常に靴下を履くようにしたり、爪の始末をきちんとした方が良いでしょう。

スポンサーリンク