水虫 うつる 確率 原因

水虫がうつる原因とその確率とは

スポンサーリンク

日本人の約20%が罹患しているという水虫は白癬菌というカビの一種が原因菌です。
感染力もあり、うつる確率は非常に高い病気です。
水虫にかかった人の後を歩くだけでもうつるとも言われています。
プールや温泉が大好きな人は特にうつる確率が上がります。
また、家族の1人が何らかの原因で水虫になってしまうと、家族全員にうつる確率が急上昇してしまいます。
感染力の強さもさることながら、原因の白癬菌は非常にしつこく肌に残り続けます。
ゆえに、治りにくく、その上再発もしやすい本当に厄介な病気が水虫なのです。
市販薬で治す場合は注意が必要です。
治ったと自己判断をして、勝手に薬を塗ることを止めてしまうからです。
痒みがおさまったり見た目にきれいになっても原因菌は完全に無くなっていません。
症状がおさまったとしても、しばらくは水虫の薬を塗り続けることが大切です。
また、爪の水虫などが認められたり、市販薬では完治しない場合は皮膚科などの専門医の指導を受け、正しく治療しましょう。
  スポンサーリンク

なかなか完治しない水虫は予防が第一です。
プールや温泉が大好きな人は特に足拭きマットが危険です。
長く足を拭く人はうつる確率を上げてしまいます。

足拭きマットは湿気があり、温かく原因菌の白癬菌が活動的になるにはもってこいの環境です。
なるべく利用しないことがうつる確率を下げます。
また、家族に水虫の人がいる場合はタオルやスリッパなどを共用しないことが大切になります。
また、白癬菌が足に付着しただけでは感染しません。
足を常に洗い、清潔にすることもうつる確率を下げます。
24時間以内に原因菌を洗い流せば感染は防げます。
お風呂などを利用しながら常に原因菌を取り除く努力をしましょう。
最近は、男性だけではなく、女性にも水虫が急増しています。
ブーツなどの流行が白癬菌が冬になっても活動しやすい環境を生み出しているのも一因と言われています。
夏に美しい素足でサンダルやミュールを楽しむために、うつる確率が高まる生活を出来るだけ見直していきましょう。

スポンサーリンク