水虫 靴下 うつる 原因

靴下の使用で水虫がうつる原因と健康管理について

スポンサーリンク

水虫はカビの一種の白癬菌によって生じる病気で、患部のかゆみや皮膚の剥離などの症状が現れる特徴があります。
また、水虫は他者にうつることがありますが、剥がれた皮膚や傷から出た体液に混在する細菌が原因なので毎日の生活の中で細心の注意を払うことが大切です。
特に居住空間を共有する親族は日用品の使い回しなどが水虫の症状がうつる原因になることから、水虫を患っている人は症状が出ている部分の露出を避けることが重要になります。
水虫は体の中でも足に発症することが多いので、靴下を使用して患部の露出を防ぐことで他者にうつるリスクを軽減させることが出来ます。
しかし、使用後の靴下を他人が使ったり素手で触れると細菌が体に侵入して症状がうつる可能性があります。
また、洗濯する他の衣類に混ざったり汚れた靴下で床や絨毯を歩くことも水虫がうつる原因になるので、日頃から注意することが大切です。
靴下の洗浄に気を配る他、居住空間の衛生管理も徹底するように心がけます。

スポンサーリンク

水虫は医師による適切な治療を受けることで症状を改善させることが出来ますが、効果が出るまで時間がかかることが多いので治療中は患部への刺激を避ける必要があります。
特に靴下の使用は患部の露出を防ぐ反面、常に靴下の生地が患部に触れることになるので治療効果が遅れる原因になることもあります。
場合によっては靴下の生地に水虫の症状を引き起こす細菌が入り込み、洗濯だけでは完全に除去できないことがあるので症状に応じて使用の可否を判断することが大切です。
病気がうつる原因の多くは体調不良などで抵抗力が低下することなので、常に健康状態を良好に保つことが感染のリスクを減らすことに繋がります。
特に小さい子供や高齢者の水虫の殆どは同居している親族からうつるのが発症の原因ですが、日頃から体調管理に気を配ることで感染を未然に防ぐことが出来ます。
病気を患う原因と発症の仕組みを正しく理解することが健やかな暮らしを営むための大きなポイントです。

スポンサーリンク