水虫 水ぶくれ 市販薬

水ぶくれ水虫を市販薬で治療する

スポンサーリンク

水虫の悩みを抱えている人はたくさんいます。
一番の悩みはかゆみで、他には夏場海やプールに行くのに抵抗があります。
水虫は白癬菌という菌が皮膚に感染して発症するものなので、家族の中に水虫の人がいたり銭湯やプールでうつされることによって症状を発症します。
症状としては爪が白くなったり、足の指の間の皮がむけたり足の裏に小さな水ぶくれができたりかかとの角質が厚くなってカサカサになったりと様々なものがあります。
中でも足の指の間の皮がむける場合と小さな水ぶくれができる場合には激しいかゆみを伴うことが多いため、営業の仕事をしている人であれば一日中気密性の高い革靴を履きっぱなしとなるためかゆい状態が続き、仕事への影響もありえます。
治療を行う一番の方法としては皮膚科に通って症状を見てもらい、症状に合わせた塗薬や飲み薬を処方してもらうことが一番です。
特に爪の場合だと市販薬はありませんので、治療には皮膚科への通院が必須です。

スポンサーリンク

足の指の間の皮めくれや水ぶくれといった水虫は市販薬でも治療することは可能です。
毎日お風呂に入って足の指や裏などを念入りに洗いきれいに保つことと合わせて市販薬を使用することで完治したという人もたくさんいます。
特に水ぶくれの症状にはパウダー状の薬で乾燥させてやるとかゆみも抑えることができますのでお勧めです。
市販薬にもかゆみをおさえることがメインのものと殺菌がメインのものがあるので、自身の水虫の症状と合わせてドラッグストアでどの薬が良いのか聞いてみるのが良いです。
また家族で感染することが一番多いので、感染している人には家の中で裸足で歩かないことや家族とスリッパを共用しないことが大事です。
そして感染したらできるだけ靴や靴下を脱いで足がむれないようにすることで、かゆみを抑えることができますし完治しやすくなります。
爪の症状の場合には飲み薬による治療がメインとなり半年から1年間服用する必要がありますので、根気がいります。

スポンサーリンク