水虫 腫れる 症状 原因

水虫の悪化でリンパ節が腫れるなどの症状や原因や治療などについて

スポンサーリンク

水虫の悪化は、腫れるとかただれるとか痛みが強くなるといった原因になります。
悪化して重症化すると、入院が必要な場合があります。
水虫菌が原因で起こる症状はそれ程ひどいものではなく、症状が激しい場合には水虫以外が悪化したことが原因に考えられます。
患部を掻いてしまうことが原因で傷になって、細菌が侵入することでも症状が悪化します。
このような症状を治療せずに放っておくと足の甲に赤いスジが広がって、腿や脛や股にまで影響が出ます。
股のリンパ腺が腫れると高熱が出ます。
軽度の細菌感染ではリンパ節が腫れるとか高熱が出るなどでも水虫薬で治せますが、リンパ節が腫れることや高熱などの症状が激しい場合には、この薬での完治は難しいです。
しかし、細菌感染が原因の水虫は抗真菌剤のみによる完治も難しいです。
様々な部分が悪化していることが考えられますが、リンパ節が腫れるとか高熱の原因になっている細菌感染を治療することが優先になります。
病院で診てもらうことが大切です。
また、自己判断による市販薬の使用は、症状の悪化の原因となり得るので避けた方が良いです。

スポンサーリンク

水虫で足が腫れることを防ぐためには、初期の段階で治療を受けることが大切です。
放置すると感染が通常角質層などに拡大して足や手や爪に感染が起こるので、そうなる前に早めに対処する必要があります。
角質層よりも深くに感染が起こると、腫れるなどの症状が起こります。
早期発見によって早めの治療ができれば、薬の服用だけで治療が可能です。
よって、症状が出てからすぐに治療を始めると良いです。
治療以外では日常生活で色々なことに気を付けると良いです。
例えば、水虫は高温多湿な環境を好むので臭いの原因にもなります。
足を清潔に保つことが大切です。
入浴時以外にも、外出から帰宅した際には足を洗う習慣を付けた方が良いです。
靴が蒸れることを防ぐために、靴を3足ぐらい準備して交代で履くことも足を清潔にするために大切です。
また、蒸れて足が不潔になるのを防ぐという点では、1日に同じ靴を8時間以上履き続けない方が良いです。
また、通気性の良い靴を選ぶことが大切です。
水虫が疑われる場合は病院での治療が最優先ですが、日頃から足を清潔に保って予防に努めると良いです。

スポンサーリンク