水虫 臭い 対策 方法

水虫が好む環境での足の臭いの対策方法や水虫の治療などについて

スポンサーリンク

水虫になると足の臭いが気になりますが、水虫菌が臭うわけではありません。
足の臭いは、水虫の発生条件である汗で蒸れている靴や靴下の中といった足の裏の高温多湿環境が原因です。
足の臭いの対策方法としては、除菌シートで何度も拭くことです。
また、吸湿性があって抗菌加工の中敷きを靴の中に敷くという対策方法を取ります。
さらに臭いを増やさないための対策方法として、帰宅後には中敷きをアルコール除菌シートで念入りに拭いて2〜3日程度乾燥させると良いです。
靴自体の対策方法としては、3足くらい靴を準備して毎日交代で履くことで臭いを防ぐことができます。
他には、5本指靴下を使うという対策方法があります。
この靴下を使うことで、指同士がくっつかないので臭いを防ぐことができます。
素材は、吸湿性や吸汗性に優れた綿や麻や絹などが良いです。
また、他の臭いの対策方法として、8時間以上同じく何時を履くとか、中敷きを替えないといったことを避けることです。
入浴以外でも足を洗うとかブーツをあまり履かないということも対策方法になります。
臭いと水虫がともに起こってしまうことを防ぐためです。

スポンサーリンク

市販薬で水虫に対応することが可能です。
市販薬にはクリームや軟膏、液体タイプやスプレータイプがあります。
クリームや軟膏タイプの薬は従来からあって、よく使われます。
液体タイプの薬も従来からあり、最近では液だれが起こりにくいように容器が工夫されています。
スプレータイプの薬は患部を中心に広範囲につけることができて、患部を触らずに付けられるので手が汚れる心配が不要です。
市販薬は根気よく使い続けることが大切です。
1日の中で入浴後に使用すると良いです。
しかし、使い続けて症状の改善が見られない場合には皮膚科専門医を受診することが大切です。
薬局などで売られている市販薬は多くの人が効果を得られるように作られている反面、副作用を減らすために効果が若干弱めです。
皮膚科専門医では、自分の水虫の症状に合った最適な薬を処方してもらえます。
また、通院することで水虫だと思っていた症状が別の病気であると判明する場合もあります。
薬の使用方法を自分で勝手に変えることは避け、医師の指示に従うことが大切です。

スポンサーリンク