ベビーフット 水虫 悪化 原因 理由

ベビーフットで水虫が悪化した原因や理由

スポンサーリンク

ガサガサの足裏が見たことがないくらいに、つるりとした肌に生まれ変わるかもしれません。
フルーツ酸の力で角質を柔らかくして足の皮が剥け、きれいになるというベビーフットなら可能です。
ネットの口コミでもベビーフットを使用してみたら、憧れのつるつる肌になれたという喜びの声が沢山あるようです。
そして中には、ベビーフットを試したら水虫も治った方もいらっしゃるようで、人気の理由にもなっています。
そのような話を聞くと、水虫でお悩みの方は、試してみようと軽く考えるかもしれませんが、使い方を少し違えてしまうと、悪化させてしまう原因にもなるようです。
その理由は、水虫にはガサガサして皮が剥ける症状と、ジュクジュクした汁がでるような症状があります。
人によって症状が違うのが理由です。
もし、ベビーフットが原因で水虫が悪化してしまった方は、もしかしたらジュクジュクしたタイプだったのかもしれません。
このタイプには、ベビーフットのフルーツ酸が傷にしみて、痒みや痛みがでてしまうことも少なくないようです。

スポンサーリンク

また、ベビーフットだけで、悪化させずに水虫を治そうと思うのは難しいようです。
原因は真菌にあります。
もともとこれには、水虫を死滅させる抗真菌剤は入っていないのが理由です。
その為、足裏の角質が剥けてきれいになったように見えても、原因となる真菌は死滅していないことがはとんどかもしれません。
その場合、一度治ったと思っても、また水虫の症状が現れてくるので悪化の原因にもなります。
水虫を悪化させずに治すなら、ベビーフットを使用する前に水虫の薬を使って真菌を死滅させてから、角質をはがすベビーフットを使用する方が良さそうです。
理由として、悪化してからでは治るのも時間がかかるからです。
また、もうひとつの理由として、一緒に住んでいる家族にうつしてしまう原因にもなるからです。
剥けて、床に散らばった足の皮には真菌が多くいるのが理由です。
もし、ベビーフットを使ってなんで悪化したのか、原因が分からずお困りの方は、早めに病院を受診して薬を処方してもらうと良さそうです。

スポンサーリンク