水虫菌 死滅 温度

水虫菌の死滅温度について説明をしていきます。

スポンサーリンク

水虫に悩まされているという人がいます。
男性に多いと考えられていますが、最近では年齢や性別に関係なく、水虫を発症するという人が多くなっています。
水虫をしっかりと完治させるためには、水虫菌に対してしっかりと働きかける必要があります。
長時間の立ち仕事をしているという人がいますが、このときに靴の中が高温多湿の状態となってしまいます。
これは水虫菌の好む環境となります。
したがって水虫が発生しやすいと考えられています。
足の爪に水虫菌が発生してしまうと、爪の先端が白くなったり爪の表面に白い斑点が発生することもあります。
症状が悪化すると、完治までに半年から1年半程度必要となるので、そうなる前に対処をすることが必要です。
水虫菌を死滅させるためには、温度が重要になります。
水虫菌には死滅する温度というものがあります。
水虫菌は15度から20度以上の温度下では活性化するようになっていますが、40度以上の温度下では死滅します。

スポンサーリンク

水虫菌は40度以上の温度下では死滅するようになっているので、足を熱湯に浸して殺菌をするというのが治療方法としては効果的です。
お湯の温度を40度から45度に設定して毎日浸すと言うことを行えば、足から水虫菌を死滅させることができます。
ここで注意をしなければいけないことがあります。
水虫菌は湿気を好むので、足を浸した後はしっかりと拭いて乾燥させるようにします。
これを行うと菌を死滅させ、再び活性化することがありません。
足が蒸れることを防ぐために、入浴後は靴下ははかずできるだけ素足で過ごすようにします。
最近では水虫の治療に関して市販薬もたくさん販売されています。
また病院を受診すると飲み薬が処方されるようになっています。
水虫の治療に関しては、温度管理によって死滅させるという方法と、身体の中から菌を死滅させるという方法で完治することができます。
放っておくと症状が悪化し、他の人に感染させてしまう可能性があるので、早めに対処をすることが必要です。

スポンサーリンク