水虫 治療 海水 方法 効果

水虫の海水治療の方法と効果ってあるんでしょうか?

スポンサーリンク

水虫を治療するときには、病院を受診したり市販薬を使うという方法があります。
水虫の原因はカビの一種となっている白癬菌となります。
水虫の症状としては、強いかゆみを感じたり、痛みが発生するというようなことがあります。
このほかに水虫ではひび割れや赤みというような症状が現れるようになっています。
その中で水虫は足に発症することが多くなっています。
靴を履くことで中が高温多湿となりますが、これは白癬菌が好む環境となります。
その結果白癬菌に感染しやすくなります。
病院で治療を受けることで完治させることができますが、自宅で行う対処療法もあります。
通気性の良い靴を選んだり、自宅のバスマットをこまめに交換するというような方法があります。
床を清潔にし、できるだけ素足で歩かないと言うことも予防方法となります。
水虫の治療では市販薬や民間療法を利用するという方法がありますが、民間療法の中には症状を改善させる効果が期待されているものもあります。
その中の一つに海水を利用した方法があります。

スポンサーリンク

海水を使ったものは、民間療法の中で比較的実行しやすい方法となります。
海水を自分で用意するという方法もありますが、海水浴に行くことで症状を改善させることができます。
水虫の原因となっている白癬菌は熱に弱いという性質があります。
海水浴に行くと熱い砂浜を歩くので、これによって菌を死滅させる効果があります。
患部を乾燥させることもできるので、白癬菌が殺菌されるという効果が期待できます。
海水は高い塩分濃度となっているので、基本的に病原菌が活動することができません。
海水にも殺菌効果があるので、砂浜と同じように水虫の治療効果が期待できます。
海水浴に行くと高い塩分濃度と高熱の砂浜という2つの環境で治療を行うことができます。
この方法は表面部分で角質層まで浸透していない軽度の症状に効果が期待されています。
しかしかゆみなどの症状を改善する効果がありますが、水虫の根本的な治療にはつながりません。
根本的な治療を行うためには、やはり病院を受診する必要があります。

スポンサーリンク