水虫 指の間 切れる 割れる

水虫で指の間が切れるたり割れる原因について

スポンサーリンク

水虫は高温多湿の日本では非常に多症状の一つです。
水虫にも様々なタイプがありますが、多い症状の指の間が切れる事や割れる事や痒みがあったり白くふやけたりします。
指の間に出来る水虫の正式な名称はしかん型の水虫と呼びます。
特徴は指の間の皮膚がジュクジュクして強い痒みを生じます。
水虫のなかでも特に多い症状で一番なりやすいです。
特に指の間になりやすいです。
初期の段階でなりやすく皮だけむける乾燥型とジュクジュクした湿潤型があります。
痒みはジュクジュクタイプの湿潤型が強く生じます。
それではなりやすい人の共通点は足の指が太いことやまたは足の指と指の間がくっついた方も多いと言わています。
指がくっついていると風通しが悪くて常に蒸れた状態で感染しやすいと言われています。
強い痒みからかいてしまい切れる事や割れる事もあります。
そうならないようにするために足の通気性をよくすることが予防にもなります。
感染しやすいのは靴のなかと言われています。
足が蒸れやすく指もくっついている事が多いので感染しやすいです。

スポンサーリンク

次に水虫の症状が悪化して指の間が切れる事や割れる事で重症化する事があります。
そうならないように、しかん型の水虫の治療方法を説明致します。
ジュクジュクして切れる事や割れるなどの症状が出ると全体に感染している可能性があります。
水虫を完治するには菌の繁殖を抑える為に殺菌して抑制する必要があります。
治療には一般的には塗り薬を使用します。
指の間が切れる事や割れるなどしていたら化膿している可能性もある為、医師に診断して化膿止めを水虫の塗り薬と別に薬を使用する事もあります。
治療には個人差はありますが最短でも3ヶ月ほどかかると言われています。
治療して改善しない場合は治療薬があっていない可能性があります。
その場合は医師に相談し治療薬を変える必要があります。
また注意する事は治療中でも痒みは強く感じるので切れる事や割れるなどの箇所をかかないことが大切です。
皮膚が破れ症状が広がる可能性があるからです。
他にも塗り薬は体質により効果に違いがあるので、自己診断ではなく医師や薬剤師に相談し皮膚科の医師に治療してもらうことをおすすめします。
切れる事や割れるなどの症状もしっかり受診してもらい完治を目指します。

スポンサーリンク