水虫 皮 むく

水虫に罹患した部位の皮をむく行為の注意点と衛生管理について

スポンサーリンク

水虫はカビの一種である白癬菌に感染して生じるかゆみや皮の剥離などの症状を指します。
水虫は罹患した部位の皮が白癬菌に汚染されることで剥がれやすくなり、肌荒れなどの不具合に見舞われる特徴があります。
また、剥がれた皮に白癬菌が付着していると他人に移る原因になるので注意が必要です。
水虫によるかゆみは患部に強い刺激を与えると一時的に緩和されるため、人によっては罹患した部位の皮をむくことでかゆみを紛らわせることがあります。
その一方で皮をむく行為は患部に深い傷を作る原因になることが多く、出血を伴う傷に白癬菌が入り込んで水虫の症状が重篤化するリスクが増大します。
また、患部に素手で触れることで指や手にも水虫の症状が生じることがあるので、皮をむく行為は避けるのが賢明です。
剥がれかけた部分をむく行為も患部に深い傷を作る原因になりますが、患部の状態によっては傷を作らないようにむくことで余計な刺激を避け、症状の進行を抑える必要があります。

スポンサーリンク

剥がれかけた皮をそのまま放置すると傷に隙間が生じて白癬菌が入り込みやすくなります。
水虫の症状が進むと神経に悪影響をもたらし、重大な疾患を引き起こす可能性があります。
また、歩行中に皮が引っ掛かって深い傷が生じる可能性があることから、患部の状態を悪化させない目的で患部の皮をむくことがあります。
水虫によって剥がれかけた部分をむく場合、患部の状態をよく観察しながら傷を深くしないように慎重に行うように心がけます。
特に足の指や指の間の部分は刺激に弱く、出血しやすい傾向があります。
また、かかとの部分はひび割れやあかぎれが生じていることが多く、すぐに傷が深くなる傾向があるので事前に蒸しタオルなどで柔らかい状態に変えてから処理する工夫が必要になります。
水虫は医療機関で根気強く治療を続けることが症状を解消するための必須条件ですが、白癬菌に汚染された部分をむくことで症状の進行を遅らせることが出来ます。
そのため、水虫に関する正しい知識を持ち、衛生管理の常用性を理解することが重要です。

スポンサーリンク