水虫 漂白剤 処置 方法

漂白剤を用いる水虫の応急処置と健康管理について

スポンサーリンク

水虫はカビの一種である白癬菌が皮膚に感染して発症する疾患を指し、強いかゆみや表皮の剥離などの症状が出るのが特徴です。
特に表皮の剥離は傷が深くなって出血を伴い、症状が悪化する要因になることから水虫を患った場合は速やかに適切な治療を受ける必要があります。
その一方で水虫は患部が湿っていると症状が進行しやすいため、通気性に乏しい靴を履き続ける機会が多い現代人は水虫の完治が難しい問題があります。
また、治療に時間がかかることも生活に支障をきたす要因になることから、医療機関へ通う時間を作ることが出来ない人は市販の漂白剤で水虫の症状を緩和させることがあります。
漂白剤の主成分である塩素は強い殺菌効果があることから、水虫の原因である白癬菌の繁殖を抑える目的で使用されます。
適度に薄めた漂白剤に患部を浸すことで傷から塩素の成分が入り込み、白癬菌の繁殖を抑えてかゆみや表皮の剥離などの症状の進行を遅らせることが可能です。

スポンサーリンク

水虫は剥がれ落ちた皮膚や傷から分泌された体液の中に混在している白癬菌に触れることで誰でも症状が移ってしまう可能性があります。
特に居住空間を共有している親族が感染するケースが多く、小さい子供や高齢者など体力が低い人は症状がすぐに重篤化するため、患者は日頃から衛生管理に気を配って感染を防ぐ必要があります。
漂白剤による殺菌処理は短期間で効果が表れるので広く普及していますが、医薬品と比べて効果が持続する期間が短く、あくまで一時的な応急処置と認識することが大切です。
また、漂白剤によって肌荒れやあかぎれなどのトラブルに見舞われてしまい、却って水虫の症状が悪化してしまうケースもあります。
そのため、漂白剤による応急処置を施す場合は肌の状態を確認することが体に負担をかけないための心得です。
漂白剤は気化しやすく、吸い込むと呼吸器に異常をもたらすので十分に換気することも必要になります。
水虫は日頃から清潔な環境を保ち、こまめに入浴を行って体の汚れを除去することで発症を防ぐことが出来る病気なので、常に衛生管理に気を配ることが健やかな生活の営みに繋がります。

スポンサーリンク