かかと水虫 見分け方

かかと水虫の見分け方等について

スポンサーリンク

 水虫とは感染症の一種で、白癬菌という細菌に感染する事で発症します。
水虫患者からうつって感染する場合が多く、例えばプールや銭湯等を利用した時に感染します。
感染してからも注意が必要で、感染部分の湿度が高かったり、不衛生だったりすると症状がひどくなります。
感染部分は主に足で、足の指の間やかかと等に感染するケースが多いです。
 水虫の治療方法としては薬物療法を行なうのが一般的で、患部に塗るタイプや内服するタイプがあります。
現在は効果的な薬が多く開発されているので、きちんと治療すれば治す事が出来ます。
 ただ水虫は治療にとても時間がかかる疾患としても有名で、中には途中で治療を諦めてしまう人もいます。
また治療を続けると症状がだんだんと落ち着いてきて、患部が元の状態に戻っていきます。
しかし、この段階でも皮膚の中の深い所では白癬菌が生存し続けています。
つまり目に見える症状が無くなった事を完治と勘違いして治療を止めると、再発してしまう可能性があるのです。
そのため医師から完治と言われるまでは、根気強く治療を続ける事が大切です。

スポンサーリンク
 

水虫と言うと患部がジクジクして、強い痒みを伴うものと思っている人もいますが、必ずしもそうとは限らないです。
水虫の種類によって現われる症状にも違いがあり、いくつかのタイプに分類する事が出来ます。
 代表的なのが小水疱型と呼ばれるもので、患部に小さな水泡が出来て強い痒みを感じるタイプになります。
二つ目のタイプとして角質増殖型があり、このタイプは患部の皮膚が厚くなり痒みを伴わないのが特徴です。
それ以外にも、患部がただれて皮膚が薄く剥げていく趾間型というタイプもあります。
 これだけ症状に違いがあると、水虫を発症しているにも関わらず気付かない人も多くいます。
中でも特に気付かれにくい水虫として、かかと水虫という種類があります。
 かかと水虫はかかとを中心として発症する水虫で、患部の皮膚が厚くなってひび割れるといった症状が出ます。
この症状ではパッと見ただけでは、かかとが乾燥しているようにしか見えないです。
 かかと水虫とただの乾燥の見分け方としては、痒みを感じるか否か、足の指の間等に皮剥けがあるか否か等があります。
これらの症状がある場合には水虫の可能性が高いので、病院で検査してもらったほうが良いです。

スポンサーリンク