手 水虫 料理

手に水虫を患っている人がする料理について

スポンサーリンク

水虫と呼ばれる病は問題が大きくなり難いので、治療を行わない人がいます。
しかし患部に接触するだけで感染するリスクがあるため、嫌悪感を抱く人も少なくありません。
そして発症している人は比較的多い病だと言われています。
それ故に社会全体が存在を認知していて、病気が発症している人が一目で分かるのです。
水虫が発症する場所は水が触れやすい場所だと言えます。
そして皮膚に菌が入り込む事で発生するため、水が触れている時間が長い手足が最も発症し易いのです。
最も多く発生する部分は手足になります。
水場で作業をする機会が多い人は足に水を浸からせている事が多く、手は作業で最も用いる身体の一部なので水に触れる時間が多いのです。
少しでも病気になる可能性を防ぎたいなら、専用の道具を用いる事が必要になります。
例えば水を弾く靴やゴム手袋です。
両方とも水から皮膚を守る効果を期待できるため、水虫のリスクを最小限に抑える効果を期待出来るのです。

スポンサーリンク

特に水虫対策が必要なのは料理人だと言われています。
料理人は最も水を使うと評される職種です。
人間は水分を摂取しなければ生きていけないため、食事には自然と水を多用する事になります。
そして料理を作る職人以外の役職も、皿洗いやサポート役も濡れた布巾等に触れやすいのです。
そして助け合いで成り立つ仕事であるため、必然的に他者と接触する確率が高くなります。
それは病気が伝染し易い環境と言えるため注意が必要です。
しかし料理屋で働くスタッフが注意しなければならない理由は、病原菌が利用者の口に入るリスクがあるからだと言えます。
皮膚同士が接触しなければ感染拡大しませんが、その事実を多くの人は知りません。
それ故に患者が食事を作っていると噂が広まれば、客足が遠のくリスクも存在しているのです。
それを防ぐためには一刻も早く治療を完了させるしかありません。
衛生面と整える事には費用を要しますが、売上の減少を避けるためには不可欠な事です。

スポンサーリンク