水虫 皮膚科 費用

水虫皮膚科費用について

スポンサーリンク

水虫の悩みを解決するには治療しかありません。
最も良い治療法は皮膚科に通って治療をうけることです。
ドラッグストアや薬局でも数多くの水虫のための薬が売られていますが、水虫の症状によって薬が異なります。
なので薬局で自分の症状に合った薬はどれなのか聞いてから購入することが必要です。
それでも皮膚科で症状を見てもらい症状に合った薬を処方してもらうのが一番です。
水虫にも爪が白くなったり指の間の皮膚がはがれジュクジュクした状態となったり水泡ができたりと様々な症状があります。
特に長い期間の治療が必要となるのが爪の水虫です。
放っておくと爪が厚くなりボロボロになって剥がれてくるのと爪に白い線がでた状態となります。
塗り薬では効果がないため飲み薬により体内から爪の中の菌を殺していく必要があります。
そのため皮膚科に通院して薬を処方してもらう必要があります。
治療期間としては半年から1年とされているので、根気が必要です。

スポンサーリンク

爪の水虫皮膚科費用としては、一般的には毎月3千円程度で済みますが薬によって費用は異なります。
一般的に処方されている薬で効果がなければ、高額な薬で治療を行ってみることになりますが必ずしも効果がでるわけではありません。
薬を飲んでいると爪の生え変わりにより白い線が消えていき全ての白い患部がなくなった状態で薬の処方が終わることになります。
毎日薬を服用すると目に見えて効果を確認できます。
但しいつ薬の服用をやめるかは医師の指示に従う必要があり、症状が改善してきたからといって薬の服用をやめてしまうと再び白い線が発生します。
また薬によっては服用中は子供をつくることを回避する必要があります。
薬の作用により生まれてくる子供に影響がでることもあるため、治療のタイミングについても家族と相談の上決めることが必要です。
市販の薬も安くありませんので、皮膚科で保険を使って3割負担の支払いのみで済むのであれば安く済む場合もあります。

スポンサーリンク