水虫 エタノール 消毒

水虫エタノール消毒について

スポンサーリンク

水虫は、真菌と呼ばれる菌が足の角質層に入り込んで独特の皮膚症状を引き起こす病気です。
根本的な治療を行う上では、角質層に巣くう真菌を根こそぎ退治することが必要になります。
このような効果を持つ抗菌剤が現在では登場しているため、適切なアプローチをすれば、完治も夢ではないのです。
水虫は、表面の症状がなくなっても角質内部には真菌が未だ生息していることがあります。
そのため、根気よく治療を継続することが求められるのです。
菌を殺す薬剤としては、例えばエタノールなどのアルコール類もポピュラーなものです。
実際、エタノールは医療現場でも広く使用されている消毒液であり、水虫エタノール消毒を試みる方も存在します。
ですが、エタノールの場合には、アルコール特有の揮発性があることから、表面に塗ってもすぐに蒸発してしまうわけです。
ですので、多くの場合症状が現れているところに塗布しても、角質層に巣くう真菌には効果を発揮しないと考えられます。

スポンサーリンク

ですが、エタノールには一定の抗菌作用があることも事実です。
従って、使い方によっては水虫エタノール消毒も有効な場合があります。
例えば、皮膚の表面に付いた菌の殺菌が挙げられます。
爪の周りや患部を触った指などをエタノールを用いて拭いておくことで、感染が他の部位に広がるのをある程度防ぐことが出来るのです。
また、スリッパや足ふきマットといった生活用品に付いた真菌を除去するためにも、エタノールは一役買ってくれます。
エタノールは、価格も比較的リーズナブルで幅広い用途に使用出来るアルコールです。
救急箱に一つ用意しておけば、このような水虫対策にも役立てることが出来ます。
市販されている台所用のアルコールの場合には、添加物が加えられていることが多く、一般のエタノールとは処方が異なります。
ですので、満足のいく消毒効果が得られない場合もあるのです。
従って、薬局などでエタノールを購入しておくことが、水虫対策を行う上では必要になります。

スポンサーリンク