水虫 薬 妊婦

妊婦が水虫になった際の薬

スポンサーリンク

水虫は妊婦にとって注意しなければならない病気の一つです。
妊娠中は免疫力が低下してしまうため、水虫などの感染症になりやすい状態です。
気をつけなくてはいけないのは、水虫にかかった状態で出産してしまうと、赤ちゃんにも伝染る可能性があるからです。
ですから、妊婦自身はもちろん周りの人も気をつけて治療しなければいけません。
また妊娠前に感染してしまったら、完全に治してから妊娠を計画するのが適切です。
なぜなら、場所によってはなかなか治りにくい病気だからです。
一度感染してしまった時に、痛みや痒みがなくなったからといって治療をやめていたら、免疫力が弱まった時に完全に治っていなかったものが活性化する危険性があるからです。
思っている以上に免疫力の低下には気をつけなければいけません。
妊娠中でも使用することができる薬もありますが、できれば薬は摂取したくないという人が多いです。
ですから、きちんと治してから、妊娠出産に備えることが大切です。

スポンサーリンク

止むを得ず妊娠中に水虫になってしまった場合は、まずはかかりつけの産婦人科や皮膚科などで相談することが大切です。
妊婦は、通常の薬が使用できないものも中にはあります。
ですから、妊娠前に使用していた薬などは使わず、自己判断は危険なのでいち早く病院で診てもらうことが必要です。
恥ずかしがらずに、お腹の中の赤ちゃんに感染させないためにも、相談することが大切です。
また妊娠中のみに発症する、妊娠性掻痒や妊娠性疱疹などと間違える危険性もあります。
妊娠性掻痒や妊娠性疱疹などは、妊娠中のみに起こるアレルギー反応です。
胎児を身体が異物と勘違いして出来る発疹です。
水虫とよく似ており、紅斑が表れることから勘違いしてしまうのです。
薬ももちろん感染症とは違うので、安易に判断しないで産婦人科や皮膚科で診察してもらうことが一番です。
市販のものもありますが、妊娠期によっては使用できないものもあるので、勝手な使用は止めて病院で聞くのが一番です。

スポンサーリンク