水虫 うつる お風呂

水虫はお風呂でうつることがあるのか

スポンサーリンク

足は毎日長時間靴下やストッキング、靴を着用していることもあり、汗もかきやすく雑菌も繁殖しやすくなります。
特に足のトラブルでは水虫は多くなっています。
その症状も人により違いがあり、じゅくじゅくしていたり、かゆみがかなり強く出る場合もありますし、あまりかゆみはなく、カサカサした症状の場合もあります。
そして症状が進むと爪にまで症状が出てきますので、できるだけ早く対応することが大切です。
対処方法としては、足は清潔に保ち、古い角質は取り除く、市販の医薬品などで対処してみましょう。
市販の薬で改善が見られない場合は医療機関での治療も有効です。
一度治ったと思っていても、水虫は再発が多い病気でもありますので、症状が治まってからもしばらくは治療を続けていく必要があります。
そして水虫は他の人にうつることでも知られていますので、家族と同居している場合などは感染を広げないよう工夫することも大事です。
他の人も感染している場合は一緒に治療を行いましょう。

スポンサーリンク

水虫がうつる原因としてはスリッパを共用していたり、お風呂ではバスマットやタオルの共用でうつる可能性がありますので、気をつける必要があります。
症状が出ているときに裸足で歩きまわるようなことも避けたいところです。
お風呂は特に気をつけたい場所ですが、白癬菌はお風呂場では水に流されてしまいますので、浴槽などでうつる心配はあまりないと言えますお風呂の中では水に菌は流されていきますが、バスマットなど湿っぽいところは水虫菌が好みますので、共有せずこまめに交換するようにしましょう。
そして家族への感染を防ぐにはできるだけ早く完治することが大事ですので、治療は根気よく続けていきましょう。
入浴後は足も清潔となっていますので、治療には良い時間です。
まず湿気はよくありませんので、指の間などの水分は丁寧にふき取り、それぞれの症状に合った薬を塗っておきます。
この場合もすぐに症状が治まるわけではありませんので、毎日根気よく治療は続けていきましょう。

スポンサーリンク