水虫 太もも

水虫が太ももに発生する理由

スポンサーリンク

水虫は白癬菌と呼ばれるものが皮膚や角質に浸透すると発症します。
白癬菌はカビの一種であるため、発症しやすい条件は通気性の悪い皮膚が存在する事です。
例えば料理や掃除をする人は、通気性の悪いゴム靴を履く事で普通の生活を送る人より発病し易くなります。
カビの発生条件は湿度が高い事も含まれるため、熱を発する機械や蒸気に触れやすい場所で生活を送っていると、通気性を意識しなければなりません。
一般的に水虫は手足に顕在化する事が多いため、人目につきやすい事も問題になりがちです。
例えば料理をしている人が病気を発症していると、感染拡大が食事をする者の頭の中をよぎります。
だから水虫が確認された人がいるお店は、自然と客足が遠のいてしまうのです。
一人の感染者がいるだけで被害が甚大になる可能性があります。
実際には白癬菌を体内に取り込んでも無害ですが、それを多くの人は知識として持っていません。
つまり白癬菌による病気が発症した者は職場に迷惑をかける可能性があるという事です。

スポンサーリンク

白癬菌が蓄積しやすいのは手足とは限りません。
通気性の悪い事が条件に含まれるなら、手足の付け根の辺りにも注意が必要だという事です。
そして稀に太もも部分に水虫が現れる人もいます。
太ももは歩いているだけで自然と動きます。
動くという事は熱エネルギーが周囲に発生するという事です。
通気性があれば熱エネルギーの発生が問題を起こす事はありませんが、逃げる場所がない密閉した様な空間だと蓄積されてしまいます。
そして発汗作用が起こり太ももの様な場所に白癬菌が溜まるのです。
それを避けるためには空気の循環を意図的に行う事が重要になります。
例えば定期的に全身の汗をタオルで拭うといったルーティーンワークを行うのです。
それは職場の仕事で迷惑をかけると主張する人もいます。
しかし水虫が発症した場合には被害が大きくなるので、事前に処置するべきなのです。
職場全体が予防に努める事に成功すれば、予期せぬ事態が発生するリスクを最小限に抑えられます。

スポンサーリンク