かかと 水虫 治療期間

かかと水虫の他に水虫ってあるのか治療期間はどれくらいか

スポンサーリンク

かかとのガサガサやぷつぷつ、足指に水虫、家族になっている人いるとかかと水虫になりやすいです。
指の間などに水虫を放置すると、角質の奥に進行し、足の裏全体やかかとに症状が進行することがあります。
見た目はひびやあかぎれに見え、区別が難しく、足の裏全体に粉をふいたような状態になります。
そのまま放置しておくと治療が難しい爪水虫になる可能性もありますので、注意が必要です。
水虫を治療する場合は、角質を柔らかしくしてから水虫薬を浸透させる方法が、一番早く手っ取り早いです。
常に石鹸で患部を洗い清潔に保つこと、汗をかいた後タオルで拭いて乾燥させること、皮膚が柔らかくなっているお風呂上がりに薬を広めに塗ること、症状が治癒した後もしばらく治療を続けることが大切です。
水虫は治せる病気なので、しっかりした治療を行い、清潔で綺麗なかかとになれるよう頑張りましょう。
水虫は白癬菌というカビの一種で、角質に感染して起こる病気です。
手足にできたものを水虫と呼びます。

スポンサーリンク

水虫には3つのタイプがあります。
一番多いタイプが趾間型です。
足指の間が湿ってふやけた湿潤型と、皮膚が赤く薄くなる乾燥型があります。
湿潤型は細菌の二次感染する可能性があります。
足の裏、指の付け根にできるのが小水疱型です。
透明でやや粘り気のある液体を含む水ぶくれができ、破裂すると、カサカサに乾き皮がむけます。
存在に気づきにくいため、そのまま放置してしまうこともあります。
角質増殖型がかかと水虫に当てはまります。
かゆみはほとんどありません。
水虫の治療期間はだいたい半年です。
水虫は病気なので、病院で先生に診てもらったほうが一番早いです。
主な治療は飲み薬と塗り薬を使います。
爪が完全に生え変わるのはだいたい半年なので、時間がかかってしまいます。
半年以上通院しても治らなければ、病院を変えたほうがいいです。
爪以外の水虫は早く治りやすいです。
市販の薬でも治すことができます。

また、再発もしやすいため、治癒後もしっかり手入れをしましょう。
なかなか治らない場合はすぐに病院に行って、お医者様に診てもらいましょう。

スポンサーリンク