水虫 うつる 予防

水虫がうつるのを予防する方法

スポンサーリンク

水虫になったからと言って、特に日常生活に大きな支障が出ることはありません。
また、痒いというイメージがありますが、実際には特に痛くも痒くもない場合もあります。
しかし、手や足の皮が剥けたりして見た目が良くありません。
指の間が切れて、石鹸などが沁みることもあります。
また、水虫が爪の中に入り込んでしまうと、爪が白く濁ったり、分厚くなって変形したり、割れやすくなったりします。
爪の中に入り込んだ菌は、もはや通常の塗り薬などでは治療できません。
皮膚科に行って飲み薬を処方してもらい、半年以上、定期的に血液検査を受けながら薬を飲み続けなければなりません。
爪をヤスリなどで削りながら地道に液体の薬を塗布していく治療法もありますが、実際には相当上手く行わなければ効果がありません。
爪の中に入り込んでしまうほど酷くなると、治すのにかなりの手間とお金がかかってしまいます。
そうなる前に、そもそもうつることのないように、予防をしていくほうが賢明です。
まずは自分が水虫になりやすいタイプなのかどうかを把握した上で、日常生活の様々な場面でうつりにくいような環境にしていくことが大切です。
ちょっとした予防措置を習慣にしていきましょう。

スポンサーリンク

予防に重要なのは、清潔と乾燥です。
水虫になるには、まず既にかかっている人からまだかかっていない人に菌が付着する必要があります。
そして、付着してから24時間以上かけて感染していきます。
菌が好むのはジメジメと湿り気のある環境です。
逆に言えば、24時間以内に足などのうつり易い部位を丁寧に洗い流し、乾燥した環境にしておけば、うつりにくいということになります。
うつりやすい場所を訪れた後などには、足を特に丁寧に洗うように心がけましょう。
例えば、銭湯やプール、格闘技道場などは特にうつりやすい場所です。
なぜならばこれらの場所では、不特定多数の人が素足で過ごしますし、水や汗で湿り気のある環境となっているからです。
一日中靴を履いたまま体を動かす仕事をしている場合も要注意です。
特に汗をかきやすい体質の人は、靴の中も相当湿っています。
靴を脱げる時にはなるべく脱いで過ごすようにしましょう。
また、同じ靴を何日も履き続けないことも大切です。
足もたっぷりと汗をかいていますから、一度履いた靴はしっかり乾燥させ、水虫が好まないような環境にしていきましょう。

スポンサーリンク