水虫 指の間 切れる

足の指の間の水虫が悪化した場合、皮膚が切れる場合があります

スポンサーリンク

水虫は、白癬菌というカビの一種の菌が足の指の間や足の裏などの皮膚の角質や皮膚の下の皮下組織に入り込んで発症する炎症です。
足に発生する白癬菌による炎症は足白癬と云われ、一般的に水虫と呼ばれています。
足白癬には角化型白癬と汗疱状白癬の2種類があります。
角化型白癬は、足の裏の角質が肥大して硬化するものです。
汗疱状白癬は、足の皮膚が切れたり、発赤や傷みを伴うものです。
初期の症状として、かゆみなどの自覚症状が発生します。
皮膚の角質から侵入した白癬菌が、皮膚内の血管や神経を刺激することにより、かゆみが発生することになります。
このかゆみが進行することで、皮膚の表面に細かい水泡が発生します。
水泡などの発生とともに炎症が進行することになりますが、強いかゆみが発生します。
これまで水虫は、革靴を長時間履く男性のビジネスマンに多くみられました。
現在では、ブーツや通気性の悪い靴やストッキングなど履く女性にも発症が広がっています。
強いかゆみにより、水泡を掻きむしることで皮膚が切れる場合があります。

スポンサーリンク

水虫は他者に感染することがあります。
足白癬の人が使用したマットやスリッパを使用したり、歩いた床などから他者に感染する場合があります。
足白癬の疑いがある人は、早期に皮膚科医などの専門医に受診することが重要です。
市販薬などでの自己治療は、症状を悪化させる場合があります。
皮膚科医では、症状に応じた医薬品の投与や適切なアドバイスを行ってくれます。
足白癬が悪化した場合には、足の指の爪に白癬菌が侵入し爪白癬となります。
爪白癬が悪化した場合には、靴が履けなくなったり歩けなくなったりする場合があります。
足白癬の治療には投薬治療のほか、生活環境の改善が必要です。
足の指の間や足の裏などを清潔に保つ必要があります。
湿度や足や指の間の環境によって、足白癬の発症は大きく変化します。
靴はできる限り毎日履き替え、靴下は最低1日一回は履き替える必要があります。
また、他者への感染を防止する必要からスリッパやバスマットは共用せずに、床は毎日掃除する必要があります。

スポンサーリンク