水虫 薬塗った後 靴下

水虫予防には五本指靴下の使用や、薬塗った後の乾燥が大事です

スポンサーリンク

「最近何だか足が痒い」とか「足の皮がめくれてきた」といった症状がみられる人は水虫になっている可能性が高いです。
この病気は白癬菌という名前のカビが主に足の裏で繁殖しておこる病気で、痒みや皮のめくれを引き起こします。
この病気にかかった場合、市販の薬や病院で処方してもらう薬を服用することになります。
しかし治りにくい病気の為、治療は長期間に渡る場合が多いです。
薬を塗ることにより症状が良くなってきたところで薬を塗るのをやめてしまうと、また症状がぶり返すことがあります。
長期間、根気よく治療を行わなければなりません。
この病気は感染しやすいので、感染しない為にはいくつかの注意が必要になります。
まず、水虫の人が使用した足ふきマットやスリッパは使用しないようにしましょう。
また、タオルも別々のものを使用するようにしましょう。
感染予防としては、身体を清潔にすることや、靴を履いている時間を短くして足を乾燥させる等があります。

スポンサーリンク

水虫になってしまった場合は市販の薬か皮膚科で処方してくれる薬を使用して治療することになります。
市販の薬は現在、様々な種類のものが販売されています。
痒みに効くものや患部がジュクジュクの場合に効くもの等の効能の違いがあります。
また、クリームタイプのものや液体タイプのもの等も販売されています。
それらの中から自分の症状や使い易さを考え薬を選ぶのが良いです。
薬を手に入れたら、足を清潔な状態に保ち薬を毎日塗るようにしましょう。
薬塗った後は患部を良く乾燥させるのが良いです。
この病気を治療する際に使用するもので、一番効果的なものは「五本指靴下」です。
五本指靴下を履くことで指と指の間の湿気が吸収され、乾燥状態が保てるようになります。
白癬菌は乾燥状態が苦手なので五本指靴下を履くことで菌の増殖を防ぐことが出来ます。
また、靴は何日も同じものを使用しないようにしましょう。
何日も履いて中が湿っているような靴は天日を当てることにより菌の発生を防ぐことが出来ます。

スポンサーリンク